Count: 8894
Welcome to Hardboiled Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
登録情報を保存する
削除用パスワード:
店長の日記No.795
2006年09月01日金曜日 17時47分
そろそろ晩御飯食べないといけないですけど、何度か来たことがあるアスランさんがやってきました。まあ良い噂を聞いた事が無いのは確かだ。女子高生から教わったというナツメロを歌い出した。歌詞の内容はこうだ。
ジョブ未定 アスラン 
「こんにちは〜
ご無沙汰してます!
この前ジュノ競売でこつぶさんと隣り合わせになったけど
焦ってしまって・・・
何も無かったように立ち去ってしまいました(;´ρ`)

まぁそれはさておき
ブログ移転したので、報告がてら書き込みさせてもらいました
お手数ですがリンク変更お願いします<(_ _)>」
昔はもっと素直ないい子だったのに・・・。

今までトイレに篭城していたこ つ ぶが息を吹き返したようだ。
なんとか限界1突破した こ つ ぶ 2006年09月02日土曜日 17時38分
「おおぉおぉ!?
気がつきませんでした…orz
最近、こんぴーたの調子があんまりいくないので
立ち上げることすらしない日もあったりしますが(ぉぃ
いつか更新する時に(ぉぃぉぃ)直しておきますですね。

ヴァナでは獣白でかけずりまわってます。
どこかでプリケツさらしていたらレイズ下さいませ。」

店長の日記No.794
2006年08月27日日曜日 16時14分
もうすぐおやつの時間なので おやつを用意しなければと思っていたら、毎日にようにやってきては冷やかしで帰っていくTakupさんが来た。こつぶは「ちっ」と舌打ちしたが、おおつぶは知らんぷりをしていた。自分の事を素晴らしくモテるタイプだと勘違いしている。勘違いもはなはだしいってか?Takupは周りを警戒するようにこう言い出した。
Lv17サポまであと一歩の Takup 
「おおつぶちゃん、こつぶちゃん、ネコさん、
昨日は急なお願いを聞いていただきありがとうございました。
おかげさまで、カザムパスをゲットできました。

みんなに(^人^)感謝です。」
その時私はTakupを抱きしめたい衝動に駆られた。

自分の事のように熱心に聞いていたこ つ ぶが涙ながらに訴えた。
なんとか限界1突破した こ つ ぶ 2006年08月28日月曜日 12時09分
「問題なしんぐですよd(≧∀≦)
つぶつぶもたくさん無理を言って助けてもらって今までやってきましたし、カザムパスくらいなんのその!!ですよ。
レベルがレベルなんで高ランクみっそんはお手伝いできませんがね…。」

店長の日記No.793
2006年08月17日木曜日 14時20分
もうすぐおやつの時間なので おやつを用意しなければと思っていたら、すっかりスル〜されるようになってしまったOotsubuがやってきたが、Ootsubuは久しぶりにおみやげを持って来たらしくそれでつぶつぶの心を掴んだようだ。自分の事を素晴らしくモテるタイプだと勘違いしている。勘違いもはなはだしいってか?Ootsubuはサルタオレンジを織り交ぜてリズミカルにこう語った。
次は合成でもしようかな?の Ootsubu
「あちぃっス(´;ω;`)

最近白魔のレベルが上がっておりまっス。」
笑って許してやるだけの寛容性も必要だ。

突如まゆかという小娘が得意げにスピーチを始める。だが悲しいほどに浮いていた。
やったぜ!太公望もらった まゆか 2006年08月18日金曜日 07時40分
「あちぃよ!!!(;´д`)
最近 アトルガンでの迷子スキルが赤マル急上昇中・・・бrz」

突然、銃を持った人妻が店の中に入ってきた!
なんとか限界1突破した こ つ ぶ 2006年08月19日土曜日 07時38分
「あちぃけど、今日は比較的涼しいです。

最近獣使いのレベルが上がっておりますです。

先日、一人でフォルガンディの補給クエをしてきました。
OPでウィンダスに帰るつもりでザルカに戻ったはいいが…
がっ!!
OPを発見することが出来ませんでした…orz
『迷子スキル青なんて冗談でしょ〜( ̄m ̄〃)』
なんて思っていたのに、これはこれは…
まじで凹みました…。
いや…笑えないんですけどね…(つД`)」

店長の日記No.791
2006年07月28日金曜日 07時30分
子供と年よりは朝が早いというが、すっかりスル〜されるようになってしまったこ つ ぶがやってきたが、こ つ ぶは久しぶりにおみやげを持って来たらしくそれでつぶつぶの心を掴んだようだ。長生きするとこういう客も珍しくない。こ つ ぶはつっけんどんな態度でこう言った
お次は侍なんてどうかしら?の こ つ ぶ
「おおつぶちんのおかげでインターネッツ復旧しましたヾ(≧▽≦)ノ
ほぼ1ヵ月留守になってたですね。
失礼しましたです<(_ _)>
こつぶの携帯では掲示板の書き込みどころか、サイトを見ることすら出来なかったのですよ。
いやぁ…何もしてないのにお越しいただいてありがとうです。
ゲームの方もぼちぼち復活していきたいと思ってるです。
どこかであったらまた遊んであげてくださいまし<(_ _)>

改めまして、これからもよろしくです。
ところで7777踏んだ方、どなたですかね?d( ̄▽ ̄;」
ご高説をありがとう。

そう言えばこういう名言をはいた人物がいた・・・・。
Lv18サポげっちゅ♪した るしえる 2006年07月28日金曜日 10時37分
「久々ですなぁ元気ですか?
私はそこそこ元気です。

ヴァナ活動は停滞気味ですが、地味に栽培で
チョコボ育成資金でもと思い貯蓄中です。

はやくそだてたぁーーーい!!!」

次に発言をしたのはその手下のハルじぃだ。
一人身は寂しいなと思い始めた ハルじぃ 2006年07月30日日曜日 11時50分
「おかえりなさいですじゃ('▽')
元気じゃったかのぅ?
いろんなこともあったけど、ワシは元気です!

一日からアジマスサークルUなんじゃったっけかね。
るしえるんの言う通り、チョコボ育成ももうすぐじゃし、
また遊べるものが増えそうじゃねぇ〜。」

今まで他の客ともめていたTakupという未成年が突然店内で絶叫した。
Lv17サポまであと一歩の Takup   2006年08月03日木曜日 17時31分
「こっそりINしたら小粒ちゃんらしき人が居たのでつんつんしときました
タルじゃなかったし、誰だかわからなかっただろうけど
久しぶりに観る生タルは記憶にあるタルより小さかったw」

こ つ ぶは自分にもっと話させろと苛立った。
お次は侍なんてどうかしら?の こ つ ぶ 2006年08月05日土曜日 08時48分
「おろろ?
それは気がつきませんでした(・∀・)ゝ
お声をかけていただければ、何かねだったかもしれないのに(ぉぃ!」

呼ばれてもいないのにまゆかが話に参加した。
やったぜ!太公望もらった まゆか 2006年08月05日土曜日 18時01分
「この前 ジュノ港GS脇(しろくろん定位置近く)で座ってたら, 寝落ちしたときはちぇす兄に泣かれ, 離席してるときはみせるにゃさんに突かれ・・・бrz」

店長の日記No.790
2006年07月08日土曜日 20時42分
そろそろ晩御飯食べないといけないですけど、すっかりスル〜されるようになってしまったChestorがやってきたが、Chestorは久しぶりにおみやげを持って来たらしくそれでつぶつぶの心を掴んだようだ。青年の美貌に店内中の老婆が息をのむ。Chestorは今のジョブのLv1シーフサポ戦士のを辞めたいというような話をしてきた。
Lv1シーフサポ戦士の Chestor
「書き込みてすと!」
この青年からこの話が出てくるとは思わなかった。

Chestorは「ああ、そうそう」と言って話を続ける。
Lv1シーフサポ戦士の Chestor 2006年07月08日土曜日 20時44分
「おぉ・・・。
携帯でなら書き込めるのデスね・・・。」

この客に密かに恋心を抱いていたまゆかが恥かしそうに告白した。
やったぜ!太公望もらった まゆか 2006年07月09日日曜日 13時10分
「よし 今回もキリ番踏んでない
ぼちぼち 泥沼から出れたっぽ・・・

約3週間程度で次のキリ番だな
狙ってる人 がんばって(ぉぃw


ちぇす兄・・・
PCから書き込みできなくなったのかい?」

今の発言は聞き捨てならないとおおつぶが怒り出した。
次は竜騎士なんてやってみた おおつぶ   2006年07月13日木曜日 19時28分
「携帯で書き込み
急な引っ越しでインターネットできましぇん

電話引っ越し終わるまでです」

まゆかは話し止める事を恐れていた。
やったぜ!太公望もらった まゆか 2006年07月18日火曜日 07時38分
「そいえば 7/9以降 ここにきてる誰にも逢ってない… 
ニアミスしてるっぽいのに…бrz」

今まで他の客ともめていたハルじぃという未成年が突然店内で絶叫した。
一人身は寂しいなと思い始めた ハルじぃ 2006年07月20日木曜日 16時35分
「皆さんPC破砕、引っ越し、新生活と大変そうじゃのぅ。
長梅雨が明けましたら暑くなる季節ですから、お体にはくれぐれも気をつけてくださいまし。

ワシもあんまり人に会ってませんですじゃ・・・。
ビシージでゼフォンさんに会ったり、白黒さんにアサルト誘われたり…
……会ってた!!!煤i ̄□ ̄;

今忙しい方々とも、またヴァナで会える日を楽しみにしつつ…」

再びおおつぶの論説が繰り返される。
次は竜騎士なんてやってみた おおつぶ 2006年07月23日日曜日 23時28分
「今週末には開通しそう。
ルーターやモデムを付けてみたら…すっかり電池切れで初期化済み。IDやパスがわからない。説明書はネットで落とせば…そのためには設定を、設定するにはネットで…。
仕方ない荷物をバラすか(ρ_-)o」

まゆかはとにかく良く喋る。
やったぜ!太公望もらった まゆか 2006年07月24日月曜日 07時36分
「ご愁傷様です ち〜ん( ̄人 ̄)

そんなときのために うちはIDやらパスやら一覧こさえたさ・・・бrz」

店長の日記No.789
2006年07月07日金曜日 00時10分
おこちゃまはねんねしていなければならない時間だが、すっかりスル〜されるようになってしまったまゆかがやってきたが、まゆかは久しぶりにおみやげを持って来たらしくそれでつぶつぶの心を掴んだようだ。ここらへんでは仲間にすると幸の神だと噂されている程 金回りのいい人だ。まゆかはあふれる涙を拭こうともせず、ただこう言ったのである・・・・。
やったぜ!太公望もらった まゆか
「〜報告〜
しろくろんからバトンが回ってきたけど,ここの方々じゃなくて他にふっ飛ばしました。

ここの残った方々に回してどんな内容で書くかを楽しみにしてた方がいたらゴメンよ・・・бrz」
まゆかは後半部分は殆ど壁に向かって喋っていた。

店長の日記No.788
2006年07月02日日曜日 14時25分
もうすぐおやつの時間なので おやつを用意しなければと思っていたら、初めてのお客様がやってきたようです。オバサンの美貌に店内中の未成年が息をのむ。リムルはあふれる涙を拭こうともせず、ただこう言ったのである・・・・。
ジョブ未定 リムル 
「はじめまして、リムルです
勇気を持ってどーんと投稿させて頂きましたv(>_<)
よろしくお願いします_(._.)_
※HP(ゲームですが)もよろしくお願いします^^」
私はその場を逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。

なぜか赤の他人のななみという貴婦人が語り出した。
Lv10白魔 ななみ 2006年07月02日日曜日 16時13分
「初めまして〜&ようこそです(>_<)ノ
鯖はどこなんでしょね〜?

と言うことでさっそくゲームしてみました
まだ クリア2人目って できたてのホヤホヤだったのねw」

リムルは語る事を止めない。
ジョブ未定 リムル   2006年07月02日日曜日 16時32分
「セラフです^^

できたてホヤホヤというか・・・
ただ単に誰にも公開したことがなかっただけなのですorz
ありがとうございました・・・w」

さっきから会話に入りたがっていたまゆかがチャンスとばかりにダジャレをかます。
やったぜ!太公望もらった まゆか 2006年07月03日月曜日 07時36分
「はじめまして〜
セラフってことはMidoriさんと同じ鯖なんね(^-^)

ってことは笹銀画伯とも一緒か・・・w」

店長の日記No.787
2006年06月29日木曜日 15時24分
もうすぐおやつの時間なので おやつを用意しなければと思っていたら、何度か来たことがあるarchさんがやってきました。archという名前は覚えるのに一苦労だ。差し出した一杯のヤグードドリンクを飲み干すとくたびれた声で一つの話をした。
ジョブ未定 arch
「○○成金ってよく書いてるけど、努力の人だなー・・って
しみじみ思う・・。(汗)」
・・泣きたいだけ泣くがいい。今宵の酒は悲しい酒だ。

仕事仲間と密談をしていたこ つ ぶがこちらの話に干渉してきた。
お次は侍なんてどうかしら?の こ つ ぶ 2006年06月30日金曜日 09時22分
「ちっちっちっ!d( ̄▽ ̄)
楽して儲けてるだけです。
でも、そゆお金は身につかない気がするです…(つД`)
もうないですもん。。。」

店長の日記No.786
2006年06月29日木曜日 00時09分
おこちゃまはねんねしていなければならない時間だが、初めてのお客様がやってきたようです。junsan@バトンタッチが入ってくるなり店内が静まりかえった。私に顔を近づけるとヤグードドリンクをストローで一緒に飲もうと言い出した。
ジョブ未定 junsan@バトンタッチ

始めまして。じゃんさんです。
じいちゃんからバトンを貰ったのでコツブさんの了承を得て
書かせていただきます<(_ _)>

=FFXI専用バトンの内容=

1. バトンを渡す人を2人決めてください。
2. 渡す人の紹介文などを書いてください。
3. あなたのお気に入りの場所はどこですか?
4. ヴァナディールで恋人はいますか?
5. FFXIを始めたきっかけは?
6. あなたの名前の由来は?
7. あなたはどういう理由でキャラを選びましたか?
8. あなたのおすすめ金策法は?
9. あなたのFFXIでの真の目的は?
10. 最後に、バトンをもらった人への一言を。

1.とりあえず〜誰に渡そうかな。
  白黒さんは当然渡ってるとして、
  チェスさんはもう渡ってるのかな・・・
  まあいいやwタルタル縛りで、
  白黒さんとチェスさんにしますw

2.白黒さんは我らがLS(Tolucky)のリーダです。
  メインは赤ですね?こないだ強引にレベル上げ誘いましたw
  レベル上げが嫌いだそうです。トラが大好き大阪人です。
  リアルは、、、人の良いあんちゃんです。
 
  チェスさんは、ベドーで一緒にスキル上げとかしましたっけ。
  どっちかって言うと、いろいろLSでお話してる方が
  多いですね。
  あ、黒が30ぐらいの時、一緒にレベル上げしました。
  チェスさんは狩人でしたね。メインは多分、、、召喚?w
  裏LSも頂きました。もう行ってませんが、、、
  【ごめんなさい。】

3.お気に入りの場所は、どこだろ。。ありきたりですが、
  ロンフォールの森ですかね〜。元の鯖で一番最初に
  ログインした時の緊張感が今でもあります。
  後は、ウィンダス石の区の天の塔です。
  不思議な感じで別世界ですね。特に神子の間が素敵ですw

4.いないよね〜いないよね?普通。
  みんな大好きです。
  
5.FFを始めたきっかけは、インターネットが開通して
  インターネットで出来るオンラインゲームを探してたら
  ソフマップで売ってたからですね。
  こんなにハマルとは思わなかったです。

6.名前の由来は競馬が好きなので好きな馬の名前からパクって
  「ジャングルポケット」にしようとしましたが、
  長いから「ジャングル」にしました。

  と言うのが、前の鯖(Valefor?だっけ??)で、
  白黒さんが遊びで、こっちの鯖(Carbuncleだっけ?w)
  に来てて遊んでたら、メイン鯖が変わってしまった
  と言う事です。
  向こうにも少ないですがフレはいたんですが。。。
  で。こっち鯖での命名しようとしたジャングルが取られてて
  jungle→ジャングル→ジャンさん→junsan。
  で、今だに「ジュンサン」て言われますw

7.タルタルはなんとなく。
  本当はヒュムがカッコいいと思います。
  でも今はタルタルな自分しか考えられませんw

8.金策ですか。。。知ってればもっと金持ってますが?w
  とりあえず、釣りと。。。
  競売で端数でばら売りしてる物を
 (ダースではないもの)集めてダースで売ると。。。
  なぜか儲かります!w地味!!w
  (例:バスの競売の「ドールの破片」1個2000円。
  ダースで40000円!)
  後は内緒です!w

9.始めた当初の目的は、ナイトになりたかったからです。
  「ナイトは、強くてカッコいいから。」
  でもナイトはアタッカーじゃないんですよね。FFでは。
  本望ではなかった「盾」であるナイトを実際にやってみて、
  「盾もカッコいいじゃないか。」って感じです。
  今ではアタッカーよりカッコいいと思ってます。
  (断定。)

10.これって、ハルトマンさんに返すの言葉なのかな?
  それともバトンを渡す人に対する言葉なのかな?
  まあいいやw
  ハルトマンさん>おじいちゃん。。。
  シールドバッシュで骨折しないように、
  体に気をつけてください。
  僕は内藤ではないです。多分。w
  白黒さん>歌、、)w
  チェスさん>リアルで会えそうで会えないので、
  生活が安定した頃に会いましょうw

以上です。失礼しました!」
だがその目元は全く笑っていなかった・・・。

フロアで踊っていたハルじぃが汗を拭きながらやって来た。
一人身は寂しいなと思い始めた ハルじぃ 2006年06月29日木曜日 01時27分
「わははーい!ヽ(´∀`)ノ
じゃんさん、無理なお願いを聞いていただいて、ありがとうございましたじゃ〜!
同じ『内藤』同士、これからも健康に気をつけてタゲをとりたいものですな!(断定)」

この言葉に疑問を抱いたこ つ ぶという令嬢が自説を唱え始めた。
お次は侍なんてどうかしら?の こ つ ぶ 2006年06月29日木曜日 08時04分
「同じ『内藤』ですかぃ!?( ̄□ ̄;
人のって楽しいですね。
しろくろんのが楽しみですなぁ( ̄m ̄〃)」

突如白黒というホモが得意げにスピーチを始める。だが悲しいほどに浮いていた。
相手を探すが見つからない 白黒 2006年06月29日木曜日 22時54分
「うお!プレッシャーだw
多分、日曜日ぐらいに書きますー!

と、早く書かなかったらバトン渡す人がどんどん・・・・
どうしよう?煤i ̄□ ̄;」

店長の日記No.785
2006年06月25日日曜日 21時03分
そろそろねんねしないと明日にひびくのですが、すっかりスル〜されるようになってしまったこ つ ぶがやってきたが、こ つ ぶは久しぶりにおみやげを持って来たらしくそれでつぶつぶの心を掴んだようだ。着やせはするが、体には自信があるらしい。何を思ったのか愛人の話しをはじめた。
お次は侍なんてどうかしら?の こ つ ぶ
「なにやらバトンとやらを渡されたらしいので、やってみました。
ブログに書いてあります。
バトンを渡す相手も書いてありますですので、
渡された人は、気が向いたらやってみてくさい。
書く場所はびびそでもぷろふぃ〜るでも好きなとこでヾ(≧▽≦)ノ」
なかなか話し上手な女王様だ。

自分の事だと勘違いしたのかハルじぃが言い訳をし始めた。
一人身は寂しいなと思い始めた ハルじぃ 2006年06月26日月曜日 21時16分
「というわけでバトン渡されましたハルじぃですじゃ。

昔からリレー走者に選ばれたことなど皆無ですので、
今日から走り込みをして大会に備えたいと…え、違う?

プロフィールの方に書きますゆえ、お時間がありましたら御覧くださいm(_ _)m」

こ つ ぶは「ああ、そうそう」と言って話を続ける。
お次は侍なんてどうかしら?の こ つ ぶ 2006年06月27日火曜日 07時28分
「おぉ、ありがとうです!!
わくわくしながら読むですね!!ヾ(≧▽≦)ノ」

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]

Narration BBS Ver 3.14
MISSING LINK